本づくりの基本用語

編集用語

装幀(そうてい)
本のデザインのこと。主に、カバーや表紙のデザイン。
DTP(Desk Top Publising)
パソコン上の操作(Desk Top)で、制作、組版・レイアウト、出力までの作業(Publising)を行う作業全般。
書体(フォント)
文字の用筆や形態が同じようなもので系統付けされた字形のこと。各社によって、統一的なデザインで制作・販売される。主なものに明朝体、ゴシック体、楷書体などがある。
校正
編集を経た文章を元原稿と照会してチェックする作業のこと。文字の修正や追加、レイアウトの確認などを実施。校了まで3回ほど行う(初校・再校・三校+色校)
赤字入れ
校正時に訂正や修正などの指示を書き込むこと。本文の黒字と区別をつけるため、赤ボールペンや赤鉛筆で書き入れるため。
色校(いろこう)
校正の一つの名称。印刷前の最終段階で行う場合が多く、色刷りの場合、ここで色調をチェックする。
校正刷り(ゲラ)
校正を行うためにプリントアウトした仮刷り。主に印刷会社での本刷りの前段階で使用されるもので、出版社と著者間のやりとりに使用。

本の部位の名前

表紙
書籍の中身を保護し、内容表示・装飾などをするために取り付けられた外装部分。
カバー
表紙の保護と本の見映えの良さを表現するもの。汚損防止のためPP加工をすることもある。
表紙やカバーに巻く帯状の紙。書籍の推薦文など記し、見映えを良くする。購買促進に効果あり。
見返し
本の表紙と中身の間に入れる、つなぎの紙。
そで
カバーの折り返し部分。
天(あたま)
書籍の中身の上側
地(罫下・けした)
書籍の中身の下側
ノド
書籍を見開いた場合の中央部分、また中身が背に接する部分をいう。
表紙の背中部分をいう。タイトルなど、背文字を印刷する。
小口
背の反対側。広義では天と地も含む。
ノンブル
ページ番号を示す数字のこと。
各ページの版面に、「書名」や「章」、「節の見出し」などを表記したもの。たいてい外側に置かれる。
しおり(スピン)
布製のしおりのこと。書籍の背の部分に糊付けされている。
花布(はなぎれ)
本製本の中身の、背の上下両端に貼り付けた布のこと。

本の部位の名前01

本の部位の名前02


本の部位の名前03

本の内容

口絵
本の構成内容の一つ。前付け部分に挿入される、本文に関連する写真や挿絵をカラーでまとめたページのこと。本文の紙より厚めの紙にする場合が多い。
序文(まえがき、(はし)書き)
本の構成内容の一つ。前付け部分に挿入される、書籍を書くに当たっての動機や主旨を記したもの。
凡例
本の構成内容の一つ。前付け部分に挿入される、著者、編集者からの、本文中の約束事や略語や記号などの説明のこと。
目次
書籍の見出しをまとめて、書き並べたリストのこと。
扉(大扉)
本の構成内容の一つ。書籍の中身の最初のページ。
本文(ほんもん)
本の構成内容の一つで、前付け、後付け部分は含まない書籍の本体のこと。
キャプション
写真や図版を簡潔的に解説するもの。文字のサイズや書体を変え、本文と区別する場合が多い。
中扉
本の構成内容の一つ。本文中の篇、章、部などの最初のページになる部分。
後付け
本の構成内容の一つで、本文のあとに置く「あとがき」「索引」「付録」「奥付」など。
あとがき
本の構成内容の一つで、後付け部分に挿入されるもの。本文を書き上げた上での著者の感想。
索引
本の構成内容の一つ。後付け部分に挿入される、本文中の重要な語句などを検索しやすくまとめたページ。
付録
本の構成内容の一つ。後付け部分に挿入される、本文と関連がある資料や参考文献などをまとめたもの。
奥付
本の構成内容の一つ。書籍の最終ページに置かれ、「書籍名」「著者名」「発行者名(出版会社)」「印刷所名」「製本社名」「ISBN」「発行年月日」「版数」「定価」「著作権表記」などを記載するページ。

製本用語

版下
印刷を行うために作成された原稿。
版面(はんづら・はんつら)
紙面で本文が入る部分のこと。ノンブルや柱などは含まない。
判型
本の大きさを示し、四六判(127×188mm)、B6判(128×182mm)、A5判(148×210mm)、菊判(150×220mm)、A4判(210×297mm)、AB判(210×257mm)、B5判(182×257mm)、A6判(105×148mm)、新書判(103×182mm)などがある。
並製本(ソフトカバー)
製本方法の一つ。接着剤や針金、糸などで簡易に綴じられた冊子です。綴じ方により「中綴じ」「無線綴じ」などに分類される。表紙は柔らかく本文と同じ大きさとなり、上製本と比べて簡易なつくりの反面、低コストで作成できる。文庫本などによくみられる。
あじろ綴じ
並製本の綴じ方の1つ。糸や金具などを使わず接着剤のみで綴じる無線綴じの一種ですが、一般的な無線綴じと比べて強度の強いもの。
中綴じ
並製本の綴じ方の一つ。背の中央に針金を通して綴じる綴じ方。
平綴じ
並製本の綴じ方の一つ。紙の端から5mmくらいを綴じ代として針金を使用して留めるため、本のノドギリギリまで開くことができないので、見開きデザインを重視する冊子には不向き。
無線綴じ
並製本の綴じ方の一つ。針金を使わずに、本の背面部分を専用の接着剤で固めて綴じる綴じ方。強度が高く、長期間保存したい冊子に適している。
上製本(ハードカバー)
製本方法の一つ。厚紙などを使った固い表紙。手間が掛かるため、並製本よりコストが高い。
PP加工
擦れによるカバー汚損を防ぐため、表紙、カバーに特殊フィルムをかけること。

流通用語

ISBN(InterNational Book Number)(国際標準図書番号)
書籍を管理する目的で付される番号。日本図書コード、書籍JANコードともいう。
例)ISBN 978-4-903841-×××-△
取次
出版社と書店の仲介者として、配本や出荷などを行う、書物の問屋。
電子書籍
単行本や漫画、文庫本などを電子データ化し、電子機器(スマートフォンやタブレットなど)のディスプレイ上で読めるようにした書籍のこと。Amazonで販売する「Kindle」や楽天で販売する「楽天Kobo」などが有名。
EPUB
Electronics Publicationの略で、電子書籍のファイルフォーマットのこと。対応するハードウェアやアプリケーションソフトウェアは多いため、電子書籍ファイルの標準となっている。

1984 - 2021 Copyright © コミニケ出版 All Rights Reserved.